2010年05月29日

洗顔の役割

■洗顔の役割

洗顔には、分泌された汗や皮脂、生活の中で付着したちりやほこりなどの汚れを洗い落とす役割があります。メイク汚れに応じて行うクレンジングとは違い、毎日の生活の中で最も欠かすことのできないスキンケアのひとつです。

眠っている間にも新陳代謝は活発に行われています。不要な汚れの蓄積を防ぎ、メイクののりをアップさせるためにも、朝の洗顔もしっかりと習慣づけましょう。

さらに洗顔は不要な角質を取り除くことにより、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を助ける働きもしています。健康な素肌を維持するためにも、正しい効果的な洗顔を身につけましょう!

■洗顔料の種類と特徴

洗顔には、分泌された汗や皮脂、生活の中で付着したちりやほこりなどの汚れを洗い落とす役割があります。メイク汚れに応じて行うクレンジングとは違い、毎日の生活の中で最も欠かすことのできないスキンケアのひとつです。

眠っている間にも新陳代謝は活発に行われています。不要な汚れの蓄積を防ぎ、メイクののりをアップさせるためにも、朝の洗顔もしっかりと習慣づけましょう。

さらに洗顔は不要な角質を取り除くことにより、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を助ける働きもしています。健康な素肌を維持するためにも、正しい効果的な洗顔を身につけましょう!

■洗顔料の種類と特徴

洗顔料はどのタイプにおいても、手のひらでしっかりと泡立ててから肌にのせることが大切。弾力があってキメの細かい泡は、肌への摩擦を軽減し、毛穴に入り込んだ汚れを浮き上がらせるのに効果的です。

ネットやスポンジなどの泡立てグッズは、短時間で効率良く泡立てることができるので積極的に活用しましょう!

■フォームタイプ

水分を多く含んでいるので、キメの細かい泡を比較的簡単につくることが可能。洗浄力は高めだが、しっとりと仕上がるものも多い。クレイ入りやスクラブ入りなど種類も豊富なので、肌の状態に合わせて取り入れやすい。



■泡タイプ

泡立てるのが苦手な人や、時間のない時の洗顔に最適なアイテム。キメが細かく、弾力のあるしっかりとした泡が出てくるものを選ぶのがポイント。 外出先での使用にも便利。



■パウダータイプ

水分に弱い酵素が配合されたものに多い。粉状なので泡立ちに多少時間がかかるが、少量ずつ使えて衛生的。洗浄力が高くさっぱりとした仕上がりなので、皮脂の分泌が盛んな季節や毛穴汚れが気になる時に。



■洗顔の方法

まずは少しぬるいと感じる位のお湯で、顔全体を予備洗いしましょう。次に手のひらで洗顔料をしっかりと泡立て、Tゾーン→顎→頬→目もと・口もとの順に洗います。皮脂分泌の多いTゾーンや小鼻は、汚れを溜め込みやすいので特に丁寧に。デリケートな目もと・口もとはサッと洗いましょう。洗顔時の強い摩擦は、肌のシワやくすみを招く原因となります。泡の弾力を利用して、肌を包み込むように下から上へとやさしく洗うのがポイントです。

顔全体を洗い終わったら、ぬるめのお湯で素早く洗い流しましょう。すすぎ残しは肌トラブルの原因に……。髪の生え際などフェイスラインは、特にすすぎ残しの多い場所なので気をつけましょう。

また、タオルでの拭き方にも注意が必要です。洗顔後の皮膚は水分を含んで柔らかく、刺激に敏感な状態になっています。ゴシゴシとは擦らずに、タオルで抑えるように水気を拭き取ることが大切です。
posted by スキンケアを全ての人に! at 22:27| Comment(0) | 洗顔基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。